函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

Lo-Fiドラムの簡単な作り方

Lo-Fiドラムの簡単な作り方

今回は、曲のイントロなどに入れるとカッコいい、Lo-Fiドラムの作り方を紹介いたします。

スポンサーリンク

用意するもの

1. ドラム音源

STUDIO DRUMMER

今回はNative InstrumentsのSTUDIO DRUMMERを使用します。皆さんは自身がお持ちのドラム音源を起ち上げましょう。

2. イコライザー

Q2

今回はWavesのQ2を使用します。もちろん、DAW標準のイコライザーでも問題ありません。

Lo-Fiドラムの作り方

Lo-Fiドラムの作り方はとても簡単です。

Lo-Fiドラム

まずはドラムトラックを一つ用意して、イコライザーをアサインしましょう。

Q2

そして、イコライザーのハイとローをカットしてあげるだけです。カットの幅は、曲を聞きながら調整していきます。

Lo-Fiドラムのサンプル

カンナミユート
函南助教授のあとがき

とても簡単に作れるLo-Fiドラム、曲の始まりなどに使うと雰囲気が出ていい感じになります。ただし、あまり多用しすぎるとクドくなってしまうので、曲のアクセント程度に使ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
「いいね!」をクリック!

Twitter でカンナミユートを

コメントを書く(管理者に認証されるまで表示されません)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
Return Top