函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

最新記事

Final Cut Pro X 無料 トライアル

Final Cut Pro Xに30日間無償トライアルがあるの知ってる?

Macで動画編集を考えた時、候補に挙がる動画編集ソフトとして、Apple純正の動画編集ソフトFinal Cut Pro Xがあります。しかし、「Final CutはAdobe Premiere Proに比べて微妙」なんて話もちらほら聞きます。そんなソフトにいきなり約35,000円の金額を払うのは勇気がいるもの。でも、実...
GLAY アプリ

GLAYのアプリは自主レーベルの最終形態

ロックバンドGLAYは2018年02月01日に、スマートフォン向けのサブスクリプション型音楽アプリをリリースしました。アーティスト単体がこのようなアプリをリリースするのは珍しく、今後同じようなマーケティングを行うアーティストが増えていくのではないでしょうか。
音楽でお金を稼ぐ

消費者から生産者に、音楽でお金を稼ぐ為の考え方

当ブログ「函南助教授の音遊び」は、音楽の記事を中心に扱っているので、読者の方も音楽をやっていたり、これから音楽を始めようと思っている方が多いと認識しています。そこで、音楽をしている方に1つ質問です。どうせなら、その音楽で、お金を稼いでみたいと思いませんか?
「低スペPCでのDTMについて」みんなの反応まとめ

「低スペPCでのDTMについて」みんなの反応まとめ

先日、「低スペPCでDTMをやるのは非効率だ」という、物議を醸し出しそうな内容の記事を書いたのですが、それについてエゴサーチして皆さんの反応をまとめてみました。
iPoneやiPadでDTMをやるのはまだ早い

iPoneやiPadでDTMをやるのはまだ早い

ここ10年くらいでスマートフォンやタブレットのシェアが爆発的に伸びていることは誰もが知る事実です。DTM業界でも、iPhoneやiPadで使える機材やアプリが日々増えています。しかし、現状まだまだパソコンには追いついていないと強く感じます。今回は、それらの理由について書かせていただきます。
まだ低スペPCでDTMやろうとしてるの?

まだ低スペPCでDTMやろうとしてるの?

私は二年ほど前に、高スペックの5K iMacを購入して、DTMやら色々な作業が快適に行えるようになりました。それと共に、逆に低スペックPCでDTMをやることが、いかに無駄であるかを、ヒシヒシと実感しました。
ギターシールドLL

何故か楽器屋に置いていないLLギターシールドの入手方法

楽器屋って、何故か3m以上のLLのギターシールド置いてないですよね。エフェクター用のパッチケーブルはLLのものもあるのですが、3m以上となると、大抵、IIかILのものしか置いていません。そこで今回は、LLギターシールドの入手方法をご紹介。
Return Top