函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

tc electronic RH450から煙が出て故障しました

tc electronic RH450から煙が出て故障しました

私が使用しているベースアンプ、tc electronic RH450が故障しました

スポンサーリンク

目次

ベースアンプから異臭と煙が

先日、ベースのレコーディングを行っていたところ、突然消毒液のような異臭が部屋を包み込みました。どうやら異臭の発生源はベースアンプのようです。

RH450故障

そして、異臭の次に煙が出てきました。一応写真に煙が写ってるんですが、おわかりいただけたでしょうか? 直ちに電源を落とし、換気をしました。

ネタ的に面白いからTwitterにつぶやいてみましたが、みんな「いいね」をするばかり。よくないです。(笑)

プロテクション(保護)モードが機能していない

RH450はインテリジェントな保護システムを内蔵しており、本体の扱いを誤った場合や過酷な環境で生じうる誤動作や故障を可能な限り防ぎます。

何らかの理由で回路ショートが生じると、本体はプロテクション・モードに切り替わります

ユーザーマニュアル - TC Electronicより

そもそもRH450には本体異常時に、プロテクション・モードに移行するようですが、今回は全く異常を教えてくれませんでした。

カンナミユート

函南助教授のあとがき

ということで故障してしまったわけですが、どうしましょうか。ショートしてる部分を調べてみたいですが、RH450は大型のトルクスネジが使用されているので、私の工具だと開けることすら出来ません。修理することも考えていまが、とりあえずはベースアンプがなくてもそこまで困らないので保留ですかね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をクリック!

Twitter でカンナミユートを
(最終更新:2017-03-15)
Return Top