函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

吸音材を壁に貼る最も効果的な方法は?

どうも!函南助教授ことカンナミユート(@yuuto_kannami )です。

吸音材を壁に貼る最も効果的な方法は?

先日、壁に吸音材のSONEX OPYR-2を貼り付けたのですが、一ヶ月と経たずに剥がれてしまいました。そのことをTwitterでつぶやいたところ、良い商品を教えていただいたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク


目次

壁に吸音材を貼り付けた時の記事

上の記事でも書いていますが、前回は、ニトムズ はがせる両面テープで、壁に吸音材を貼り付けました。貼り付けるのが大変だった割に、粘着力が微妙で、「もっと良い商品はないのか」と思っていた矢先の出来事です。

やはり剥がれた

やはり、すぐに剥がれてしまいました。このことをTwitterでつぶやいたら、こんな意見をいただきました。

なるほど、やはり両面テープはダメなんですね。(笑) また、壁のことを考えないなら、ホットボンドで貼り付ける方法もあるようです。

ブチルテープが良いらしい

私は、壁のことを気にするので、ホットボンド以外で何か方法はないかと探っていると、続けてこんな意見をいただきました。

どうやら、ブチルテープというものが、吸音材の貼り付けに良いようです。私は、ブチルテープというものの存在を知らなかったので、とても参考になります。

ブチルテープとは

ブチルテープのことを知らなかったので、少し調べてみました。ブチルテープとは、防水性・耐候性に優れたブチルゴム系粘着剤を使用したテープです。住宅部材としてもよく使用されるようです。簡単に言ってしまえば、業務用両面テープって感じですかね。(片面のテープもある)

メーカーはニトムズ・貼り付けはマスキングテープの上に

メーカーは、前回の両面テープと同じニトムズを勧めていただきました。また、ブチルテープを貼る前にマスキングテープを貼ることにより、壁が傷つかずに済むようです。Erosさんには、去年、吸音材の導入を検討していた時にもアドバイスをしていただきました。本当にありがとうございます。

ブチルテープを購入

吸音材 壁に貼る

ということで、すぐにブチルテープを購入してきました。マスキングテープは、ギター・ベースのメンテナンス用で、常備されています。

ブチルテープで吸音材を貼る

マスキングテープを貼る

吸音材 壁に貼る

まずは、ブチルテープの強力な粘着力で、壁を剥がさない為に、マスキングテープを貼ります。

ブチルテープを貼る

吸音材 壁に貼る

次に、マスキングテープの上にブチルテープを貼ります。ブチルテープは、1mmくらいの分厚さがあり、貼った感じが両面テープと全然違います。

ブチルテープのシートを剥がす

吸音材 壁に貼る

そして、粘着面を出す為に、シートを剥がします。ブチルテープは分厚いので、普通の両面テープよりも剥がしやすいです。というか、普通の両面テープが剥がしづらすぎ。

吸音材を貼る

吸音材 壁に貼る

最後に吸音材を貼り付けたら完成! 両面テープで貼った時よりも、ちゃんと貼っついている感が、すごくあります。これは剥がれなさそう。

カンナミユート

函南助教授のあとがき

いやはや、良いものを教えていただきました。ありがたいです。また、これから吸音材を導入しようとしている方は、是非ブチルテープ を使用することをオススメします。

(最終更新:2018-01-21)
Return Top