函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

RME Fireface UCXのバスパワーが使えない原因は?

RME Fireface UCXのバスパワーが使えない原因は?

前回の記事で、RME Fireface UCXの接続方法について解説しましたが、記事を書き終わり少し経った頃、突然Fireface UCXの電源が落ちてしまいました

スポンサーリンク

目次

突然Fireface UCXの電源が落ちた

iMac2015年モデルからのバスパワー電源供給で、Fireface UCXを無事起動出来た訳ですが、ブログ記事も書き終わりマッタリしていたところ、突然Fireface UCXの電源が落ちてしまいました。確か、電源を入れてから1時間ほど経った頃だったと思います。

供給電力が足りない

ケーブルが繋がっているのに電源が落ちていることから、すぐに「供給電力が足りないのでは?」と思い立ち、ネットで調べることにしました。

Fireface UCXの平均消費電力

FIREFACE UCX

FireWireで接続した場合、Fireface UCXは付属の電源アダプターを使用せずにパス・パワーで動作可能です。

※ パス・パワーでお使いいただくには、コンピューターにFireWire 400(IEEE1394a)6ピン端子が搭載され、バス・パワーの電力量が13ワット(Fireface UCXの平均消費電力)を満たしている必要があります。

※ USB接続の場合はパス・パワーで動作しません。

シンタックスジャパンより

Apple Thunderbolt - FireWireアダプタの供給電力

Apple Thunderbolt - FireWireアダプタ

Apple Thunderbolt - FireWireアダプタがあれば、Thunderboltポートを持つMacをFireWireデバイスに簡単に接続できます。サイズはとてもコンパクト。MacのThunderboltポートにつなぐだけで、ハードドライブやオーディオデバイスなどのバスパワー周辺機器に最大7Wの電力を供給するFireWire 800ポートとして使えるようになります。

Appleより

結果

ということで、Fireface UCXが13W必要なのに対して、Thunderbolt変換アダプタの供給量が7W… 全然足りていません。(笑)

iMac2010年モデルではバスパワーで使用出来ていた

iMac

と、ここで1つの疑問が生じました。「この前まで使っていたiMac2010年モデルはどうなんだろう?」そう、iMac2010年モデルではバスパワーで問題なく使用出来ていたんです。そこで、Apple公式サイトで調べてみたところ衝撃の事実が!

FireWire 800ポート×1基(7W

Appleより

7Wって、Thunderbolt変換アダプタの供給量と同じではないですか! 全然問題なく使えていたので気にもしていませんでしたが、iMac2010年モデルでも推奨の電源供給量には達していなかったのですね。Thunderbolt変換アダプタの説明には最大7Wと書いてあるので、変換時に多少供給量が落ちてしまうのかもしれませんね。

そういえば言われてみれば、起動時にTotalMixが起動しないことが何回かありました。もしかしたら、電源供給量が足りないから起こっていたのかも?

カンナミユート

函南助教授のあとがき

結局、iMac2015年モデルではFireface UCXをバスパワー稼働することが出来ないのでACアダプタを繋げることになってしまいました。

ということは、FireWireを使うメリットって、「USBポートを1つ節約出来ることだけですね… これだけなら、わざわざ高いケーブルを購入してまでFireWireにする必要はないかなと感じてしまいました。

まぁ、私は買ってしまったので、このままFireWireを使い続けますが、非常に残念な結果です。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をクリック!

Twitter でカンナミユートを
Return Top