函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

Logicのトラック「オン/オフ」機能が地味に便利

どうも!函南助教授ことカンナミユート(@yuuto_kannami )です。

Logicのトラック「オン/オフ」機能が地味に便利

DTMで曲を作る時、一瞬でトラックの音量を0にしたいということがたまにあります。その場合、通常はミュートのオートメーションを書くことになると思いますが、ミュートのオートメーションを書いてしまうと、その後のミックスが少し面倒になってしまうんですよね。

スポンサーリンク


目次

トラックのミュートを自分でコントロール出来なくなる

Logic トラックの「オン/オフ」

何が面倒って、オートメーションでミュートを書いてしまうと、トラックのミュートを自分でコントロール出来なくなってしまうことです。まぁ、「当たり前だろ! オートメーションなんだから!」と言われてしまえばそれまでなんですが、ミックスをする時にそのトラックを一時的にミュートしたい場合、面倒ですよね。

オートメーションをオフにすれば解決するのですが、それだとパッと見た時に、どのトラックのどのオートメーションをオフにしているかが解りづらく、管理しにくくなってしまいます。そこで、なんとかオートメーションをオフにしないで、トラックをミュートさせる方法はないかと考えていたら、良い方法を思いつきました。

トラックの「オン/オフ」機能を使う

Logic トラックの「オン/オフ」
トラックの「オン/オフ」を表示

トラックを右クリック トラック・ヘッダ・コンポーネント オン/オフ

Logic トラックの「オン/オフ」

上記の手順を実行すると、トラックに「オン/オフ」ボタンが表示されます。

Logic トラックの「オン/オフ」

このボタンをオフにすると、トラックの音が完全に消え、ミュートと同じ効果を発揮します。簡単ですね。

カンナミユート

函南助教授のあとがき

トラックの「オン/オフ」機能、存在は知っていたんですが、「何に使う機能なんだ?」と思っていました。まさか、こんな思わぬところで使える機能だとは。かなり、マイナーな機能の紹介記事になってしまいましたが、参考にしていただければ幸いです。

(最終更新:2018-01-19)
Return Top