函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

【レビュー】音も良くなるスピーカー地震対策「TiGLON チューニングベルト」

どうも!函南助教授ことカンナミユート(@yuuto_kannami )です。

【レビュー】音も良くなるスピーカー地震対策「TiGLON チューニングベルト」

前回、スピーカースタンドとインシュレーターでモニター環境を改善した訳ですが、耐震対策に問題を残す結果となりました。スピーカー耐震対策を調べていたところ、TiGLON チューニングベルトという製品を発見、購入したのでレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

目次

TiGLON チューニングベルト

スピーカー耐震

地震や接触から音響機器の落下防止を防ぎ、同時に筐体の共振を抑制し音質向上させる新しいアイテムです。

柔軟なポリエチレン系素材を使用することにより本体を傷つける事なく簡単に装着可能です。スピーカーに装着する際、キャビネットの響きを無理に抑制させないように四隅を利用して固定させます。ベルトは2~3cmカットするだけで繰り返し使用することが可能。

更に特許技術「マグネシウムシールド」をストッパーに採用することにより音響機器の微小な振動吸収性や制振効果を高め、音質を向上させる事が可能になりました。 ヘラマンタイトン株式会社の技術協力により強度、信頼性、音質を極限まで高めたチューニングアイテムです。

TiGLONより

開封

スピーカー耐震

ベルトは、硬くも柔らかくもなく、伸びないゴムみたいな感じです。(適切な形容が思いつかない) もう少し柔らかいものを想像していました。ストッパーに関しては、特に感想はありません。「まぁ、こんなもんだろう」という感じ。

装着

スピーカー耐震

早速装着、装着は難しいところは全くなく、ストッパーにベルトを通すだけです。ストッパーに通す向きだけは気をつける必要がありますが、説明書を読みながらやれば間違えることはないでしょう。

効果

耐震対策は完璧

対策前

対策後

差は歴然ですね。目的であった耐震対策は完璧と言って良いでしょう。

音はそこまで変わらない?

スピーカースタンドとインシュレーターで、ある程度振動が抑制出来ていたのか、そこまで音の変化を感じることは出来ませんでした。強いて言えば、低音が少し抑制されてスッキリした感じがします。

ちなみに、メーカーによると、ベルトの締め付け具合によって音に変化があるようです。私にはあまり違いがわかりませんでしたが、オーディオマニアの方が聞いたら違いがわかるのかもしれません。

その他感じたこと

とにかく値段が高い

正直、値段はかなり高いと感じました。実際商品が届いて、手にとってみても「これでこの価格は高いなぁ」と言う感じです。特にベルトの方は製造コストもかからなそうです。

類似商品は見つからなかった

スピーカースタンドやインシュレーターは色々なメーカーから出されていて、多くの場合耐震対策が必要な状況になりそうですが、スピーカー耐震対策の製品はTiGLON チューニングベルト以外に見つけることが出来ませんでした。競合他社がいないから強気な価格設定でもいけるのですね。

特許を出しているから?

メーカーの説明によると、ストッパーには特許技術が使われています。特許製品だから、競合他社がいないのかもしれませんね。

切るのに勇気がいる

スピーカー耐震

メーカーでは「ベルトは2~3cmカットするだけで繰り返し使用することが可能」って書いてあるけど、余った部分をそのまま垂らしとけってことですかね?(笑) 流石に見た目的にありえない。

と、いうことで切ることになる訳ですが、一度切ってしまったら再調整は不可なので、慎重になる必要があります。切ってしまったら、スピーカーを変更する時にはベルトを買い直す必要があります。

安上がりなスピーカー耐震対策

スピーカー耐震

前回、「耐震対策に何か案はないのだろうか?」とブログに買いたところ、Twitterで有力な情報をいただきました。

なんと、100円ショップで売っている荷物縛る紐でもスピーカーの耐震対策が出来るようです。チューニングベルトが届くまで、私もやってみました。

少し見た目がチープになってしまいますが、耐震対策としては全然問題ないです。音もチューニングベルト同様、あまり変わらないです。「TiGLONのチューニングベルトは高すぎる!」という方は是非このやり方をオススメいたします。

まめ丸にる吉様、貴重な情報ありがとうございました。

カンナミユート

函南助教授のあとがき

少々高値ですが、耐震対策と見栄え的には良い製品でした。スピーカーの耐震対策に悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。さて、次は吸音材です。

(最終更新:2017-10-25)
Return Top