函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

GLAYのJIROのサイン付き! TopDog JRO-03詳細レビュー

GLAYのJIROのサイン付き! TopDog JRO-03詳細レビュー

本日はGLAYが函館アリーナ杮落しライブをやっていましたね。私はニコ生で見ていましたが、JIROさんが青いマッチングヘッドのベース(ピックガードが昔と違う)を使っていました。

という事で今回は、そのベースと同じTopDog JRO-03の詳細レビューになります。

スポンサーリンク

SGCrafts TopDog Jazz Bass JRO-03

TopDog JRO-03

仕様

メーカ SGCrafts
モデル TopDog Jazz Bass JRO-03
Body Wood Swamp Ash
Neck Wood Maple
Fret board Ebony
Pickup LINDY FRALIN / JB

ヘッド

TopDog ヘッド

TopDogの一番の特徴といえば、このスタイリッシュで洗練されたヘッドの形です。う…美しい…(笑)

ネック

TopDog ネック

ネックは板目で、少しばかりトラ杢が入っていて光の当て具合によっては金色に見えます。ただ、日焼けがそこそこ進んでいて、ジョイント部分に比べると随分黄ばんでいます。

指板

TopDog 21フレット

TopDogのベースはフレットが21フレットと、普通のジャズベースよりも多くなっています。また、指板とピックガードの間に隙間が空いていて、ピックを挟む事が可能になっています。

ジョイントプレート

TopDog ジョイントプレート

プレートにはTopDogのロゴと、シリアルナンバーが刻印されています。また金属のプレートが木に食い込まないように、間にプラスチックのプレートが挟まれています。

スイッチポッド

今回私が手に入れたTopDogはなんとトーンであるポッドが、スイッチポッドになっていました。本来ならTopDog JRO-01についているはずの機能がJRO-03についていたのです。なかなかレアなこの機能を見てみましょう。

OFF:マスターボリューム

TopDog スイッチポッド OFF

スイッチがOFFの時は3つ目のポッドがマスターボリュームになっていて、絞る事によりボリューム調整を一つのポッドで行う事ができます。

ON:トーン

TopDog スイッチポッド ON

そして、ポッドを引き上げる事により、マスターボリュームからトーンに変わります。つまり引き上げている時は普通のジャズベースと同じような動作をするという事です。

付属品

TopDog 付属品

付属品は、「製品保証カード」「認定書」「ミュージシャンのための簡単なギター調整」「六角レンチ × 2」「ハードケース」「ハードケースの鍵」の計7点です。

ハードケース

TopDog ハードケース

ハードケースは何の変哲もない普通のものになります。(笑)

製品保証カード

TopDog 認定書

SGCraftsの創立者であり、今は亡き佐久間正英さんの直筆サイン入り製品保証書です。

認定書

TopDog 製品保証カード

こちらは佐久間正英さんと、GLAYのJIROさんの直筆サイン入り認定書になります。JIROさんが使っているものと全く同じベースであるという事を認定しているんですが、実際はスイッチポッドの機能が付いているので完全一致ではないですね。(笑)

カンナミユート
函南助教授のあとがき

以上が私の手に入れたTopDog JRO-03の詳細な仕様になります。次回は動画で音出しながらポッドの部分の説明などもしていこうと思います。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をクリック!

Twitter でカンナミユートを

コメントを書く(管理者に認証されるまで表示されません)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
Return Top