函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

自分で出来る!ワンランク上のベースメンテナンス ① 準備編

どうも!函南助教授ことカンナミユート(@yuuto_kannami )です。

自分で出来る!ワンランク上のベースメンテナンス ① 準備編

本日11月11日は、ベースの日! ということで、この記事から数回に渡って、私がいつもやっている、「ワンランク上のベースメンテナンス方法」をご紹介いたします。まずは準備編ということで、メンテナンスを始める前に、用意しておくものをご紹介いたします。

スポンサーリンク

目次

自分で出来る!ワンランク上のベースメンテナンス

用意するもの

ベースメンテナンス

まずは、ベースメンテナンスに必要な物を見ていきましょう。今回は、ジャズベースをメインとして解説していきます。お使いのベースによっては必要ない物もあるので、ご注意下さい。

ちなみにですが、このメンテナンス方法は、基本的にエレキギターにも通用するものとなっていますので、是非ギタリストの方も参考にしてみて下さい!

ベース本体

TopDog JRO-03

調整をする対象のベースです。

張り替える弦です。いつもお使いの弦をご用意下さい。

私は、いつもElixirの弦を使用しているんですが、錆びにくく、いつまでも滑りが良いので、オススメです。通常の弦に比べて値段が倍くらいしてしまいますが、期間的には倍以上保つので、コストパフォーマンスがとても良いです。

クロス × 2枚

クロスは2枚用意して下さい。1枚はボディやネックを拭く用。もう1枚は指板のオイルを拭うのに使います。後者の方は油まみれになってしまうので、古くなってしまったクロスなどを使うといいかもしれません。

上記の Cleaning Clothは質感が良く、個人的にオススメのクロスです。

工具

ネック調整や、弦高調整・オクターブチューニングのときに必要です。楽器によって規格が異なるので、自分の楽器にあった工具を用意しましょう。

今回、私の楽器に必要なものは、「プラスドライバー」「マイナスドライバー」「六角レンチ」「ニッパー」になります。

研磨剤

フレットや、ペグなどの金物を磨くのに使用します。

マスキングテープ

弦を固定したり、フレットを磨くときに必要です。指板を隠すように巻くので、色々なサイズがあった方が巻きやすいです。

ウエス

フレットを磨いたり、指板のオイルを拭うのに使用します。いらなくなったTシャツなどでも代用可能です。

ポリッシュ

ギター本体やネックなどの塗装されている部分のクリーニングに使用します。塗装の種類によっては、使えないポリッシュもあるので注意が必要です。最悪の場合塗装が剥がれてしまうなんてことも。

上記のSMITH PRO FORMULA POLISHは、ラッカー塗装でも、ウレタン塗装でも、どちらでも使用出来るものになります。自分の楽器の塗装の種類が分からない場合は、このようなポリッシュを使えば安全です。

レモンオイル(オレンジオイル)

指板に染み込ませるオイルです。

楽器に使用するオイルで、一番一般的なのはレモンオイルになりますが、私はオレンジの香りの方が好きなので、オレンジオイルを使用しています。これを塗ると部屋中が、オレンジオイルの香りに包まれます。

チューナー

チューニングする時に必要です。オクターブチューニングをしっかりとやりたい場合は、ある程度制度の良いチューナーを使うことをオススメします。

シールド

チューニングする時に必要です。

カンナミユート

函南助教授のあとがき

以上が、ワンランク上のベースメンテナンスに必要なものになります。いかがでしょうか? 全部持っていましたか? これらを全部持ってる方は、既にベースメンテナンスにかなり力を入れていると思われます。

では次回は、「ネックの反りの直し方」について詳しく書いていこうと思います。

自分で出来る!ワンランク上のベースメンテナンス

(最終更新:2017-03-15)
Return Top