函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

ライブハウスで一眼レフで簡単に綺麗な写真を撮る方法

ライブハウスで一眼レフで簡単に綺麗な写真を撮る方法

先日、友人のLIVEを観にライブハウスに行き、一眼レフで写真を撮ってきました。ライブハウスでの撮影はほとんど素人なんですが、思っていたより良い写真が撮れたので、その方法をご紹介いたいします。

スポンサーリンク

目次

使用機材

D5300

Nikon D5300

使用したカメラは、Nikon D5300です。D5300はNikonの一眼レフカメラの中ではエントリー向けのカメラになります。

Nikon 35mm f/1.8G

そして、レンズは同じくNikonの単焦点レンズ、35mm f/1.8Gです。開放F値が1.8と明るいレンズで、接写などをした時はかなり背景がボケます。ライブハウスなどの暗い場所での撮影は、明るいレンズの方が断然有利です。

参考にした動画

ライブハウスでの一眼レフ設定

モード

D5300

普段は、ほとんど絞り優先(A)で撮影していますが、ライブハウスなどの暗い場所での撮影だと、シャッタースピードがかなり長くなってしまいピンボケの要因になってしまうので、「マニュアル(M)」撮影にし、F値とシャッタースピードを自分で設定します。

F値・シャッタースピード

D5300

F値は開放の「F1.8」で、シャッタースピードは「1/160」に設定。ほとんどこの設定で撮ったんですが、写真が暗くなってしまうことは、ほとんどありませんでした。

ISO感度

そして、一番重要な設定は、参考にした動画にもありました、ISO感度の「感度自動制御」になります。これを設定しておくだけで、その時その時の照明に連動してISO感度を自動で制御してくれます。

D5300 D5300
感度自動制御の設定方法

『 MENUボタン 』『 カメラアイコン 』『ISO感度設定』

  • 感度自動制御ON
  • 制御上限感度6400

制御上限感度12800で撮影

エフェクター

参考にした動画だと、制御上限感度を12800にしていましたが、私のカメラには合いませんでした。写真をクリックして拡大していただければ、わかると思いますが、照明が暗めのときだとかなりザラつきのある写真になってしまいました。

制御上限感度6400で撮影

エフェクター

そこで、制御上限感度を6400まで下げてみたんですが、ザラつきが抑えられ、丁度良い感じになりました。

LIVE

まとめ

それでは、最後にその他の細かい設定も含めた、全体の設定です。

モード マニュアル(M)
F値 F1.8
シャッタースピード 1/160
ISO感度 感度自動制御 6400
ホワイトバランス 蛍光灯
露出補正 0
フラッシュ OFF
カンナミユート

函南助教授のあとがき

いかがだったでしょうか? もっと良い写真を撮る為には、まだまだ練習が必要ですが、とりあえず、ある程度の写真を簡単に取りたいなら、この設定はオススメです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をクリック!

Twitter でカンナミユートを
(最終更新:2017-06-10)
Return Top