函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

ギターのFコードが弾けなくたって曲は作れますよ?

ギターのFコードが弾けなくたって曲は作れますよ?

よく、ギター初心者の方が「Fが弾けなくて挫折」なんて話を聞きますが、今回はそんな方達に是非読んで欲しい記事になっています。

スポンサーリンク

Fが弾けないならFを弾かなければいいじゃない

アコースティックギター

まず、なぜFを弾きたいのかを考えてみましょう。

  • Fを使用する曲を弾きたい
  • Fが弾けないとダサい

私が思いつく限りだと、上記の2点くらいでしょうか。他にあまり思いつきません。この2つは、どちらもそんなに大した理由ではないですね。

1. Fを使用する曲を弾きたい

それは、今でなくてはダメなんでしょうか? 曲中にFが使用されない曲なんてのは、世の中には腐るほどあります。無理に難しいコードを弾こうとして挫折するくらいなら、そのコードが使用されない曲を探してみましょう。

正直、Fは難しいコードではありません。ただ、初心者のうちは指の力加減が分からないので、変に力を入れてしまい、押さえれないことが大半です。まずは簡単なコードの曲を弾いて、指の力加減を覚えてから難しいコードに挑戦しましょう。気づいたら簡単に弾けるようになっていると思いますよ。

2. Fが弾けないとダサい

Fが弾けなくてギターを辞める方がよっぽどダサいです。

Fが弾けなくたって曲は作れる

Fコード

これは私の体験談ですが、私はDTMを始めるまでギターをほとんど弾いたことがありませんでした。DTMを始めて自分の曲を作るに当たり、ギターは必要だと考え、練習を始めたのです。

しかし、当然始めたばかりの頃はFなどのコードは弾けない訳ですよ。でも、練習を始めてから1ヶ月くらいで曲は作れました。そう、自分が弾けるコードだけで作ったからです。無理に弾けないコードを弾こうとしてイライラするより、弾けるコードだけで曲を作ってしまえばいいだけなのです。そうする内に、指の力加減がわかってきて、気づいたらFなんて簡単に弾けるようになっていました。

ちなみに、私が投稿している「ヒトリシズカの夜」や「流星のメロディー」も難しいコードは一切使っていませんよ。

カンナミユート
函南助教授のあとがき

私がベースを始めた高校生の頃も、周りにはギターを始めてすぐに挫折する人がたくさんいました。非常に残念です。これからギターを始めようとしている方には、是非とも乗り越えて欲しいところです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をクリック!

Twitter でカンナミユートを

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DTMで作曲を始めたのはいつごろですか?

コメントを書く(管理者に認証されるまで表示されません)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
Return Top