函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

BUDDA PHATBASSレビュー (詳細仕様編)

BUDDA PHATBASSレビュー (詳細仕様編)

GLAYのJIROさんが使用している事でも有名な激レアエフェクター、BUDDAPHATBASSをレビューしていきます。

スポンサーリンク

BUDDA PHATBASS

BUDDA PHATBASS

BUDDAのPHATBASSはベース用Tube Overdriveのエフェクターで、真空管が2本も入っています。これによりトランジスタアンプに接続した場合でもチューブアンプにつなげた時と同じような音を得る事ができます。

また、 私はやった事がありませんが真空管を変更する事により音を変化させる事も可能となっています。

真空管が暖まっているかどうかで音に変化が出てしまう為、冬場など寒い時期に使用する際は電源を入れてから5分ほど置き、真空管を温めてから使用する事をオススメします。

寸法

横幅18.5 cm
奥行21 cm
高さ9 cm

コントロール

BUDDA PHATBASS

つまみは左から、GAINBASSTREBLEVOLUMEとなっています。つまみを正確に設定してあげる事で、太く抜けの良い音を実現してくれます。

GAIN

GAINは歪みをコントロールします。PHATBASSはOverdriveですが、あまりGAINを上げすぎるとPHATBASSの良さが消えてしまうので、歪みを抑えて使う事をオススメします。

BASS

BASSは文字通り低音をコントロールします。かなり音に迫力を与える事ができるので、私は大体の環境でフルテンで使用しています。環境によって低音が出すぎている場合のみ下げて使用します。

TREBLE

TREBLEは高音をコントロールします。適度にあげる事でトーンのきいた抜けの良い音になります。

VOLUME

VOLUMEはマスターヴォリュームをコントロールします。

12Vなので注意が必要

BUDDA PHATBASS
注意

通常のエフェクターは電源が9Vである事が多いですが、PHATBASSは12Vの為注意が必要です。パワーサプライや電池で使用する事は出来ない為、専用のACアダプタを介する必要があります。

生産終了品

既に生産終了しているのですが、生産時期や生産終了時期は不明で、ネットで調べてもほとんど情報が出てこないほど希少なエフェクターです。

私はベースを始めてから十数年になりますが、PHATBASSを楽器屋で見た事は一度もありません。ちなみに同時期に生産されていたであろう、ギター用のPHATMANとZENMANは楽器屋で見かけた事があります。

中の構造を見てみる

BUDDA PHATBASS

中を開けてみると大きな基盤が出てきます。

BUDDA PHATBASS

横から見るとこんな感じです。前の方に無駄なスーペースがあり、「もう少しコンパクトにできたのでは?」と思ってしまいます。(笑)

購入を検討している方へ

この記事を読んでいる方の中には、PHATBASSの購入を検討している方もいると思います。しかし生産終了品で希少価値が高い為、楽器屋などの市場に出てくる事がほとんどありません。

おそらく一番見つけられる可能性が高いのはオークションになってくると思います。実際、私が購入したのは「ヤフオク!」ですし、その前後にも見かけた事があります。

また、オークションは大抵の場合個人からの購入になるので、メンテナンスなどがされていません。物自体も古い為、接触不良などのリスクが出てくる事を覚えておいてください。

カンナミユート
函南助教授のあとがき

いかがだったでしょうか?PHATBASSの情報はネット上にもほとんどない為、この記事を参考にしていただければ幸いです。次回は動画で音を出しながらレビューをしていこうと思います。

関連記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をクリック!

Twitter でカンナミユートを

コメントを書く(管理者に認証されるまで表示されません)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
Return Top