函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

Logic Pro X をインストールしよう!

Logic Pro X をインストールしよう!

今回は、私が1番オススメするDAW、「Logic Pro X」のインストール方法について解説させていただきます。

スポンサーリンク

Logicを購入する前に

下記の記事で、Logicを安く購入する方法を紹介しています。もし、まだLogicを購入していない方は参考にしてみて下さい。

Logicを購入・インストール

Logic Pro X インストール

Logic Pro Xにはパッケージ版はなく、App Storeからのダウンロード版のみになります。まずは、App StoreからLogic Pro Xを購入して、インストールしましょう。

Logic Pro X
23,800円
(2016.02.24時点)
posted with ポチレバ

基本データをダウンロード

Logic Pro X インストール

インストールが完了したら、早速Logicを起動させてみましょう。初回時は、基本データが自動的にダウンロードされます。回線速度にもよりますが、基本データのダウンロードはそこまで時間はかかりません。私の環境では10分程度でした。

追加サウンドのダウンロード

Logic Pro X インストール

次に、「追加サウンドをダウンロードするかどうか」を聞かれるので、「追加のサウンドをダウンロード」を選択しましょう。ちなみに、ここで「続ける」を選んでしまったり、ダウンロードを途中でキャンセルしてしまったりしても、後からダウンロードをすることは出来るので心配は要りません。

ダウンロードする音源を選択

Logic Pro X インストール

全てのコンテンツをインストールするには、「インストールされていないコンテンツをすべて選択」をクリックします。

Logic Pro X インストール

ただし、「レガシー互換」だけはチェックがされませんので、手動でチェックを入れましょう。「レガシー互換」とは、過去のバーションのLogicやGarageBandに付属していたサウンドです。特にJam Packに入っているソフトシンセやエフェクトは、役に立つのでインストールしておきたいところです。

また、全てにチェックを入れた場合、53.78GBのハードディスク空き容量が必要になります。インストール前に確認しておきましょう。

流石に、こちらは50GB以上なので、インストールに時間が掛かってしまいます。時間のある時にでも放っておきましょう。

ダウンロードをキャンセルしたい場合

Logic Pro X インストール

ダウンロードには時間が掛かってしまうので、途中でキャンセルしたい場合もあると思います。そんな時は普通にLogicを終了させましょう。上記のダイアログが表示されるので、キャンセルを押せば問題なく中断されます。

Logic Pro X インストール

そして、次回のLogic起動時には、「ダウンロードを再開するかどうか」を尋ねられます。

後から追加サウンドをダウンロード

Logic Pro X インストール

追加サウンドを後からダウンロードしたい場合は、Logicのメニューから操作をします。

サウンド・ライブラリ・マネージャを開く

メニューLogic Pro Xサウンドライブラリサウンド・ライブラリ・マネージャを開く

カンナミユート
函南助教授のあとがき

以上がLogic Pro Xのインストール方法になります。Logic Pro XはApp Storeからのダウンロードのみなので簡単ですね。以前のバージョンでは、大量のディスクを交換しなくてはいけなくて、大変だったのを思い出しました。(笑)

この記事が気に入ったら
「いいね!」をクリック!

Twitter でカンナミユートを

コメントを書く(管理者に認証されるまで表示されません)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
Return Top