函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

RealGuitar3がEl Capitan‎にインストール出来ない時の対処法

どうも!函南助教授ことカンナミユート(@yuuto_kannami )です。

RealGuitar3がEl Capitan‎にインストール出来ない時の対処法

2016年02月22日現在、OS X El CapitanにMusicLab製品をインストールしようとすると、エラー警告が表示されてしまいます。今回は、そんな時の一時的な回避方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

目次

RealGuitar 3のインストール時に警告が

先日のiMacのメモリ増設のついでに、Mac OSをクリーンインストールすることにしました。

RealGuitar 3

そして、DTMプラグインも全てインストールし直していたのですが、MusicLab社のRealGuitar 3をインストールしようとしたところ、エラー警告が表示されてしまいました。しかも、警告には「システムが破損」なんて物騒な言葉が!

ドライバーがEl Capitanに対応していない

MusicLab Virtual MIDI ドライバー以外、現行製品に問題はありません。ドライバーは只今修正です。 修正が完了するまで、Real シリーズをインストールする際はドライバーのチェックを外してください。

SONICWIREより

SONICWIREによると、2016年02月22日現在、「MusicLab Virtual MIDI ドライバー」はOS X El Capitanに対応していないようです。強制的にインストールさせると、問題が起こる可能性もあるので、とりあえずドライバーのインストールは避けた方が良いでしょう。

ちなみに私の環境では、ドライバーをインストールしていなくても使えています。対応するドライバーは、現在開発中とのことなので、気長に待ちましょう。

対応方法

RealGuitar 3

一時的な対応方法ですが、インストール時の「MusicLab Virtual MIDI ドライバー」のチェックを外してしあげれば、エラー警告は表示されなくなります。

カンナミユート

函南助教授のあとがき

今のところは問題なく使用出来ていますが、対応するドライバーがリリースされた際には、インストールしてあげることを推奨いたします。

(最終更新:2017-03-15)
Return Top