函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

【レビュー】iZotope Ozone Imagerでステレオ効果を出そう

どうも!函南助教授ことカンナミユート(@yuuto_kannami )です。

【レビュー】iZotope Ozone Imagerでステレオ効果を出そう

iZotopeのステレオイメージャープラグイン「Ozone Imager」が無償配布中なので、早速使ってみました!

スポンサーリンク

目次

iZotope Ozone Imager

Ozone Imagerは、同社のマスタリングソフト「Ozone」に搭載されているステレオイメージャー、の簡易版プラグインです。

期間限定無料配布中

音の変化を聞き比べてみる

今回はセンターに鳴っているピアノの音にOzone Imagerをかけています。

バイパス

ステレオ

iZotope Ozone Imager

どうでしょうか? 音量が少し上がりましたが、左右に広がったのがわかると思います。Ozone Imagerで左右に広げて、中心にボーカルを配置するなんて使い方が出来そうですね。

モノラル

iZotope Ozone Imager

逆に、モノラル化して広がりを無くすことも可能です。リヴァーブをかけた後にモノラル化したり、本来ならありえないようなアプローチも可能ですね。

センター + ステレオ

iZotope Ozone Imager

センターの音を出しつつ、左右からも音を出すことなんかも可能です。

カンナミユート

函南助教授のあとがき

これは、中々使えそうなプラグインですね。私はマスタリングソフトにSlate DigitalのFG-Xを使用しているので、Ozoneを使用することはないと思っていたのですが、まさか、一部機能だけ単体プラグインとしてリリースするとは。しかも無償配布。最高です。

(最終更新:2017-09-23)
Return Top