函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

エフェクターをラックとボード両方で使えるように改造する方法

エフェクターをラックとボード両方で使えるように改造する方法
家のスタジオラックに、エフェクターをマウントしたいでも、たまに外にも持ち出したい。そんな時、毎回エフェクターを外して、セッティングし直すのは面倒ですよね。そこで私は、エフェクトボードとスタジオラックを簡単に行き来できるように、エフェクトボードを改造してみました。 スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次

用意する物

1. アクリル板

エフェクトボード改造 エフェクターを乗せて、持ち運ぶ用のアクリル板です。ホームセンターなどで購入して、スタジオラックとエフェクトボードどちらにもセット出来るサイズにカットしてもらいましょう。 私が購入したアクリル板の厚さは、2mmです。ただ、改造してから思ったんですが、薄すぎて移動する際に曲がってしまいます。4mmくらいの方が良いかもしれません。ただし、穴を空けるのは大変になりそうですが…

2. 取っ手(×2)

エフェクトボード改造 アクリル板に取り付ける取っ手です。100円ショップにアンティーク調?の良い感じのが売っていたので購入。

3. マジックテープ(オス & メス)

エフェクトボード改造 アクリル板にエフェクターを取り付ける為のマジックテープです。オスとメスを両方用意します。

4. 電動ドリル

電動ドリル アクリル板に穴を空ける用の電動ドリルです。私の家になぜかあった、SSPOWER イングレーバ EB-406。おそらく大きな穴を空けるための製品ではないので、結構苦労しました。もう少し、しっかりとしたドリルを使った方が簡単だと思います。

5. スケール

スケール 取っ手のサイズを測ったり、穴を空ける位置を決めるのに使用。楽器メンテナンスなどでもよく使うので、一本持っておくと便利です。

改造

1. アクリル板に穴を空ける

エフェクトボード改造 スケールで、取っ手のサイズを測り、良い感じの位置にドリルで穴を空けます。上にも書きましたが、私のドリルで穴を空けるのは結構大変でした。

2. アクリル板に取っ手を取り付ける

エフェクトボード改造 穴が空いたら、取っ手をネジで取り付けます。

3. エフェクターの配置を考える

エフェクトボード改造 取っ手を取り付けたら、エフェクターの配置を考えます。でも、よくよく考えたら、最初に決めた方が良いかもですね。

4. マジックテープで固定する

エフェクトボード改造 配置が決定したら、マジックテープで固定します。エフェクトボードには、メスのマジックテープが敷き詰められていることが多いので、アクリル板に貼る方をメスにしました

完成

スタジオラック

スタジオラック 普段は、スタジオラックにマウントしていますが…

エフェクトボード

エフェクトボード改造 持ち運ぶ時は、簡単にエフェクトボードに移動出来ます。
カンナミユート

函南助教授のあとがき

ニッチすぎて、あまり需要ないかもしれませんが、たまに持ち運ぶエフェクターをスタジオラックにマウントしたい方は是非試してみて下さい。 それにしても、楽器のメンテナンス以外で、工作的な作業を久々にやったので、結構楽しかったです。高校生ぶりか?

この記事が気に入ったら
「いいね!」をクリック!

Twitter でカンナミユートを
Return Top