函南助教授の音遊び

DTM・VOCALOID・作曲・楽器などを取り扱う音楽情報サイト

FireWire対応オーディオインターフェイスの失敗談

FireWire対応オーディオインターフェイスの失敗談

私が使用しているオーディオインターフェイスはFireWire対応のものなんですが、今回は昔私が実際やってしまった失敗談を紹介いたします。これからFireWireを使用する方が、同じ過ちを起こさない事を祈ります。(笑)

スポンサーリンク

目次

FireWireの端子は2種類ある

FireWire

私が犯した過ちは、ただ1点「FireWireの端子は2種類あることを知らなかった」ことです。

そう、FireWireっの端子って6ピンのものと9ピンのものがあるんです。これを知らなかった私は、「FireWireならなんでも大丈夫だろう」と、勝手に決めつけてケーブルを購入してしまったんですね。

FireWire

購入したケーブルは見事に両方9ピンでした。FireWireのケーブルって意外と高くて、¥3,500ほどしたのに… 封も開けてしまったので、返品も出来ず泣き寝入りです。まぁ、確認を怠った私が一方的に悪いんですが。(笑)

FireWire

という事で、片方が6ピンでもう片方が9ピンのケーブルを買い直しましたとさ。

カンナミユート

函南助教授のあとがき

今回の件から私が得た教訓は、「新しいケーブルを購入する時は端子の形をよく確認すること」です。皆さんもケーブルを購入する時はくれぐれも端子の形に注意しましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をクリック!

Twitter でカンナミユートを
Return Top